現代数学の系譜 全14巻

監修:正田建次郎・吉田洋一
編集委員:功力金二郎・小堀 憲・寺阪英孝・中村幸四郎・福原満洲雄・吉田耕作
 現代数学の開花は一朝にして成ったものではない。幾多のすぐれた先人たちが培ってくれた伝統によって育てられたものである。
 本講座「現代数学の系譜」は,そうした先人たちの業績の跡をたずね,この輝かしい伝統を明らかにすることを目標としている。その目標を達成するために,数学発展の途上特に一時期を画したとみられる著書・論文を精選し,これを忠実に翻訳するとともに,これに親切な注釈を施し,各論文・著書がその時代時代の数学的背景の前で演じた役割と,その現代数学の上に及ぼした影響について周密な解説を加えている。

※2012年度日本数学会賞出版賞受賞

ルベーグ積分・長さおよび面積

  • ISBN:978-4-320-01156-4
  • 判型/ページ数:A5 / 190ページ
  • 発行年月:1969年10月
  • 本体価格:4,500円

Inte´grale, Longueur, Aire(1902)の完全翻訳と,ルベーグの数学的業績などの解説。現代解析学の端緒ともなった本書はその歴史的古典としてだけでなく現代人の学習にも好適。

ルベーグ積分・長さおよび面積 書影
ルベーグ積分・長さおよび面積

ヒルベルト数学の問題―ヒルベルトの問題― 増補版

  • ISBN:978-4-320-01157-1
  • 判型/ページ数:A5 / 150ページ
  • 発行年月:1969年11月
  • 本体価格:4,000円

本書は20世紀数学の源流ともいえるヒルベルトのパリ講演「数学の問題」の全訳を示し,さらに各問題について現在まで70年に及ぶ研究のあとをできる限り調査して解説。

ヒルベルト数学の問題 書影
ヒルベルト数学の問題

ヒルベルト幾何学の基礎―クラインエルランゲン・プログラム― 

  • ISBN:978-4-320-01160-1
  • 判型/ページ数:A5 / 432ページ
  • 発行年月:1970年06月
  • 本体価格:9,000円

19世紀後半から20世紀前半にかけてドイツの数学界に相ついで君臨した二人の碩学,クラインとヒルベルトの名を最も有名にした二つの名著の訳・解説である。

ヒルベルト幾何学の基礎 書影
ヒルベルト幾何学の基礎

カントル超限集合論

  • ISBN:978-4-320-01161-8
  • 判型/ページ数:A5 / 204ページ
  • 発行年月:1979年09月
  • 本体価格:4,200円

カントルの集合論に関する論文2編と,カントル-デデキントの往復書簡,それらに対するツェルメロの注釈を訳出し,さらに解説を加えることにより集合論の形成を概観

カントル超限集合論 書影
カントル超限集合論

リーマン,リッチ,レビ=チビタ,アインシュタイン,マイヤー 
リーマン幾何とその応用

  • ISBN:978-4-320-01163-2
  • 判型/ページ数:A5 / 248ページ
  • 発行年月:1971年06月
  • 本体価格:5,000円

幾何学の基礎をなす仮定について・絶対微分学の方法とその応用・一般相対性理論の基礎・重力場と電磁場の統一理論。

リーマン幾何とその応用 書影
リーマン幾何とその応用

アーベルガロア群と代数方程式

  • ISBN:978-4-320-01164-9
  • 判型/ページ数:A5 / 186ページ
  • 発行年月:1975年04月
  • 本体価格:4,500円

アーベル=4次より高い次数の代数方程式を一般には解くことが不可能であることの証明。ガロア=累乗根で方程式が解けることの条件について。

アーベルガロア群と代数方程式 書影
アーベルガロア群と代数方程式

フレシェ抽象空間論

  • ISBN:978-4-320-01399-5
  • 判型/ページ数:A5 / 176ページ
  • 発行年月:1987年11月
  • 本体価格:4,000円

位相空間,距離空間概念の数学史における最初の出現であるフレシェの歴史的二論文を原典に忠実に訳し,位相空間論成立の背景を辿る必読文献。

フレシェ抽象空間論 書影
フレシェ抽象空間論

アダマール偏微分方程式―コーシー問題と双曲型線形偏微分方程式― 

  • ISBN:978-4-320-01515-9
  • 判型/ページ数:A5 / 492ページ
  • 発行年月:1997年02月
  • 本体価格:13,000円

本書はコーシーがエコール・ポリテクニクにて行なった微分積分学の講義を要約出版したもので,彼の一大名著である。

アダマール偏微分方程式 書影
アダマール偏微分方程式