アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

データリテラシー

書籍情報
シリーズ名データサイエンス・シリーズ 全12巻 【1】巻
ISBN978-4-320-12000-6
判型A5 
ページ数186ページ
発行年月2001年05月
本体価格2,500円
データリテラシー 書影
データリテラシー

データリテラシーとは,さまざまなデータに関する読み書き能力,つまりデータを扱う上で最低限心得ておくべき新世紀の教養のことを指しています。本書は,データの取得からモデル化までの一連の流れに沿って,現代を生き抜くために必要なデータリテラシーを初歩から解き明かします。データに含まれる情報を十分活用するにはどうしたらよいのだろうか,複雑に入り組んだデータはどう扱ったらよいのだろうかなどと悩んでおられる人々にとって,大きな福音となることでしょう。データの面白さ・不思議さを実感でき,IT活用のためのさまざまな考え方・手法を体得できます.また本書は,データサイエンス・シリーズの第1巻として,データサイエンスへの入り口案内の役目も果たしています。

目次

第1章 データサイエンス
1.1 データサイエンスがめざすもの
1.2 データの上流から下流まで
1.3 データエンジニアリング
1.4 データリテラシー

第2章 データ
2.1 データベクトル
2.2 データベクトルの構造化
2.3 特別な意味をもつ構造
2.4 データ取得計画
2.5 背景情報

第3章 データの浄化と組織化
3.1 事例研究
3.2 データの浄化
3.3 データの組織化
3.4 背景情報の記述

第4章 データのブラウジング
4.1 データを数値として眺める
4.2 データをグラフィカルに眺める
4.3 関係を探る
4.4 データを変換する
4.5 データを分解する

第5章 データの流通と蓄積
5.1 データの源泉
5.2 データの公開
5.3 インターデータベース
5.4 データの流通と蓄積のもたらす未来

参考文献
索引