アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

タンパク質構造とトポロジー―パーシステントホモロジー群入門― 

書籍情報
シリーズ名シリーズ・現象を解明する数学 全10巻 
ISBN978-4-320-11002-1
判型A5 
ページ数142ページ
発行年月2013年07月
本体価格2,600円
タンパク質構造とトポロジー 書影
タンパク質構造とトポロジー

本書は,新しい離散データ解析手法として脚光を浴びるパーシステントホモロジー群の,本邦初の本格的な入門書である。パーシステントホモロジー群は,画像解析・材料・センサーネットワーク等の広い分野で応用されているが,本書ではタンパク質の構造解析を題材に,非数学系の読者にも配慮して線形代数の基礎知識だけで読み進めることができるよう解説した。特にパーシステントホモロジー群を構成的に導入していることから,本書をもとにして数値計算アルゴリズムを構成することも可能である。また,本書で扱っている数値計算に関わるソフトウェアは全て紹介しているので,本書を通じてすぐにでも具体的な問題にパーシステントホモロジー群を適用できるだろう。

目次

第1章 単体複体
1.1 単体複体
1.2 抽象単体複体
1.3 ホモトピー
1.4 脈体定理
  1.4.1 チェック複体
  1.4.2 ヴィートリス・リップス複体
  1.4.3 アルファ複体
1.5 タンパク質の単体複体モデル

第2章 ホモロジー群
2.1 Z加群
  2.1.1 アーベル群,可換環
  2.1.2 R加群
  2.1.3 Z加群
  2.1.4 Z係数行列のスミス標準形
  2.1.5 有限生成Z加群の構造定理
2.2 ホモロジー群
  2.2.1 単体の向き
  2.2.2 鎖複体
  2.2.3 ホモロジー群
  2.2.4 誘導準同型写像
  2.2.5 Z2係数ホモロジー群
2.3 タンパク質のホモロジー群

第3章 パーシステントホモロジー群
3.1 Z2[x]加群
  3.1.1 多項式環Z2[x]
  3.1.2 Z2[x]加群
  3.1.3 Z2[x]係数行列のスミス標準形
  3.1.4 有限生成Z2[x]加群の構造定理
3.2 パーシステントホモロジー群
3.3 タンパク質のパーシステントホモロジー群
  3.3.1 タンパク質の圧縮率との相関
  3.3.2 タンパク質の分類問題への応用

参考文献
索引