アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

ソフトウェアチームワーク―成功を自分のものにするために― 

書籍情報
ISBN978-4-320-09757-5
ページ数312ページ
発行年月2010年05月
本体価格3,500円
ソフトウェアチームワーク 書影
ソフトウェアチームワーク

ソフトウェア開発チームにおいて,良いソフトを作るための成功の鍵を握るのは,チームの人的資源,メンバの戦力を高めることである。
 本書は,ソフトウェア開発の実務に携わる人のための書であって単なる管理者やコンサルタントのための書ではない。読者が本書で見出すことができるのは,考慮すべき問題と,それに取組む際の適切な順序およびそれぞれの段階における対応の仕方についてのひとつの「提言」であり,それは読者に考える機会を提供することである。本書はソフトウェア産業の困難を解決するための既存のアプローチの代わりとなるようなものを目指すものではなく,軽視されている領域のある部分を補完するものというべきであり,変化をチームの人々に合ったものにする,いわば既存の文化に配慮した小さい重点的な変化について示唆する書である。

(株)構造計画研究所発行/共立出版(株)発売

目次

第I部 問題のありか
第1章 なぜソフトウェア開発は難しいのか?

第2章 正しいことを行う

第II部 個人
第3章 適切な能力

第4章 品質重視

第5章 困難に立ち向かう

第6章 前向きの効果

第7章 持続性

第III部 グループ
第8章 コミュニケーション

第9章 動機と期待

第10章 共に働く

第IV部 チーム
第11章 緊密な連携

第12章 組織

第13章 協働

第14章 ガイダンス

第V部 利害関係者
第15章 顧客

第16章 ゴール(目標)の設定

第17章 仕様書

第18章 優先順位づけ

第19章 変更

第20章 進捗

第VI部 すべてを1つに
第21章 改善に挑む

第22章 柔軟性と厳格性

第23章 再度,進捗について

第24章 再度,変化・変更について

第25章 不断の用心

第VII部 付資料
訳注参考文献

索引