情報技術計測―ソフトウェア開発組織の明日のために― 

書籍情報
ISBN978-4-320-09748-3
判型B5 
ページ数512ページ
発行年月2007年02月
本体価格4,500円
情報技術計測 書影
情報技術計測

 ITプロジェクトは,少なくともコストやスケジュールについてのいくつかの基本的尺度を保持する必要があるが,多くはそれにすら失敗している。なぜ未だにこのようなことが起こるのだろうか。本書は,尺度のあらゆる実務的な視点を明快かつ簡潔に論じ,すべてのソフトウェア尺度分野についての幅広い理解を与える。本書で得られる実務的な提言は,読者の組織の悩みに有用な解決策を示してくれるだろう。

[原著名:IT Measurement: Practical Advice from the Experts]
発行元:(株)構造計画研究所/発売元:共立出版

目次

第I部 産業界のエキスパートによる洞察
第1章 ファンクションポイント(FP)尺度の役割の拡大

第2章 IT組織のベンチマーク

第3章 ソフトウェア計画の核心

第4章 作業成果の測定:IT作業単位

第II部 測定プログラムへのアプローチ例
第5章 EDSブラジルの尺度プログラム:改善のための計測

第6章 測定プログラムの実行アプローチ

第7章 ベンチマーキング

第8章 ソフトウェア測定を定義するためのデータ定義の枠組み

第9章 より安く、より良く、より早く:役に立つ測定プログラム

第III部 測定プログラムの一部としてのファンクションポイント
第10章 機能規模はどのように,いつ測定プログラムに適合できるか?

第11章 ソフトウェア信頼性の早期見積―大規模テレコムシステムの規模見積りとソフトウェアプロセスアセスメントに基づいて―

第12章 大規模組織におけるソフトウェア規模決定のための組織的支援の確立

第13章 測定プログラムの一部としてのファンクションポイント

第IV部 プロジェクト管理への尺度の利用
第14章 ソフトウェア開発の進捗追跡

第15章 ソフトウェア尺度の有効利用:プロジェクト尺度

第16章 追跡のために工数尺度を用いるプロジェクト尺度

第17章 より効果的なプロジェクト管理のためのプロジェクト尺度の利用

第V部 測定プログラムの問題とその回避の方法
第18章 効果的な尺度プログラムの構築における障害と落とし穴の回避

第19章 報告されない無報酬の超過勤務:ゆがめられた測定と失敗の図式

第VI部 効果的な見積りへのソフトウェア尺度の利用
第20章 大規模ソフトウェアサービス企業における見積支援尺度

第21章 ソフトウェア開発プロジェクトの見積り

第22章 拡張見積:期限を守り,予算を守る

第23章 拡張見積

第24章 ESE:拡張ソフトウェア見積り手法

第VII部 要求定義管理
第25章 新時代の秀れた要求定義技術者

第26章 概略ユーザ要求に基づく早期の迅速なファンクションポイント分析(EQFPA) ─プロジェクト管理への利用─

第VIII部 情報技術/ビジネス尺度への影響
第27章 契約用尺度プログラムの開発と実行における重要成功要因

第28章 企業全体の尺度レポジトリを最大限に活用するための配慮

第29章 ソフトウェア測定の促進における大学の役割

第IX部 ITバランスドスコアカードアプローチ
第30章 ITバランスドスコアカードの支援に必要な測定:IT指標

第31章 ソフトウェアバランスドスコアカード:ケーキの砂糖衣

第32章 良いバランスドスコアカードを維持する

第X部 アウトソーシングにおける尺度
第33章 アウトソーシングへの尺度の導入

第34章 訴訟問題:ファンクションポイント尺度を用いなかったことによる結果

第35章 アウトソーシングの尺度

第XI部 SEIおよびISOベースの尺度
第36章 ISOおよびCMM要求を満たすSLOC測定ツールの標準化

第37章 ソフトウェアプロセス改善における測定と分析

第38章 CMMの支援にファンクションポイント分析はどう役立つか?

第XII部 統計的プロセス管理(SPC)
第39章 統計的プロセス管理の実績管理への応用

第40章 統計的プロセス管理(SPC)のソフトウェアへの適用

第XIII部 電子商取引における尺度
第41章 B2B 電子商取引プロジェクトの成功における機能尺度の役割

第42章 電子商取引アプリケーションのユーザビリティの測定

第43章 電子商取引における尺度:FP分析とコンポーネントベースのソフトウェア測定

会社紹介
文献
索引