ソフトウェアプロセス改善の基本定石

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-09744-5
判型A5 
ページ数154ページ
発行年月2005年06月
本体価格2,200円
ソフトウェアプロセス改善の基本定石 書影
ソフトウェアプロセス改善の基本定石

多くのソフトウェア組織は継続的改善努力の成果をあげてきているが、ほとんど前進できないでいる組織もある。ある成熟度レベルへの到達や監査に合格することを主目標にした、いわゆる「チェックリスト症候群」にかかっている組織があまりにも多い。このような戦略は、本当の問題に目を向けることに失敗するだけでなく、「プロセスの確立」自体についてもメンバに悪い後味を残す。本書の著者は、確立したプロセスモデルとソフトウェア工学プラクティスの両者を参照として、最高のビジネス成果を達成するための実際的なメカニズムに焦点をあてるべきことを想い起こさせてくれる。彼らは、読者の開発と品質問題のすべてを解決する単純な「銀の弾丸」(特効薬)的処方を示すわけではない。その代わりに、常に増大を続ける厳しい要求に対応するためにどんな組織でも応用できる、多くの指針とプロセス改善戦略を明らかにしている。
 また、本書は、組織のパフォーマンスの改善に対する最も微妙なアプローチ(目標の定義、その達成を妨げる障害の特定、それらの障害の除去に対する焦点を絞った変革の実施)についての確かな助言を与えてくれる。著者らは、ソフトウェア開発管理者および改善活動の成功を主導する責任を持つ人々に話しかけ、我々のプロセス改善アクションを組織の望むビジネス目標に結びつけるよう促す。彼らは計画、実施および改善プログラムの評価についてシステマティックなアプローチを明らかにしている。本書は、プロセスグループが多年にわたって開発現場で経験したプロセス改善から得た教訓を集めたものである。
 顧客がより良い、より短期的な開発と高品質を要求するのであれば、あなたのソフトウェア開発とプロジェクト管理のプロセスは変わらなければならない。本書は、真の目標の定義の仕方とそれらを達成する実際的な戦略を示すものである。
(「序文」より)
[原著 Neil S. Potter,Mary E. Sakry: Making Process Improvement Work ― A Concise Action Guide for Software Managers and Practitioners,Addison-Wesley, 2002]
(発行元:(株)構造計画研究所,発売元:共立出版)

目次

第1章 計画の策定
・改善の範囲
・アクションプランの策定
・リスクの判断とその軽減の計画
・要約

第2章 計画の実行
・ニーズに基づいてソリューションを売り込む
・意欲とニーズを第一にする
・目標と問題に焦点を絞る
・管理者と現場の人の動きを緊密にする
・要約

第3章 進捗のチェック
・目標に向かって進捗しているか?
・改善計画は進捗しているか?
・改善枠組みについて進捗しているか?
・いままでにどんな教訓を得たか?
・要約

結論

付録A 目標と問題のCMM(v1.1)に対する対応付け

付録B 目標と問題のCMM(v1.1)とCMMI(SE/SW/IPPD,v1.1)に対する対応付け

付録C アクションプランの例

付録D リスク管理計画の例

付録E SEI CMM(v1.1)とCMMI-SE/SW/IPPD(v1.1)の要約

付録F ミニアセスメントプロセス

参考文献