アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

水理学入門

書籍情報
ISBN978-4-320-07430-9
判型A5 
ページ数204ページ
発行年月2010年12月
本体価格2,800円
水理学入門 書影
水理学入門

本書では次のような4つの工夫をしている。
1.高校物理とのつながり:ニュートンの運動の法則やエネルギー保存の法則を,自由に変形する連続体に拡張して,水が持つ運動量やエネルギーの保存則を誘導し,知識の連続的な展開となるようにしている。
2.水理学の高度な分野の学習や,卒業研究で行われる未開拓の分野の問題解決に役立つよう,応用力を高める工夫を行っている。質量,運動量,エネルギーの保存則を基礎式として用い,これから様々な公式を誘導し発展させている。
3.興味を持たせるための工夫:土木工学の分野ででてくる実際の現象や,技術をできるだけ引用し,現場への適用性を説明した。また,学術の発展をコラム記事で紹介し,時間的な広がりをイメージできるようにしている。
4.理解を深めるための工夫:代表的な問題を,例題演習として解説し,公式の利用の仕方を説明した。また,各章末には演習問題を載せ,その答を本書の後ろに示し,自習の助けとしている。

目次

第1章 保存則の概念

第2章 質量保存則

第3章 運動量保存則

第4章 エネルギー保存則

第5章 層流,乱流と摩擦

第6章 静止流体の力学

第7章 管路の水理

第8章 開水路の流れ

第9章 次元解析

付録1 物性
付録2 ギリシャ文字
付録3 練習問題解答
付録4 参考文献