アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

個体群生態学入門―生物の人口論― 

書籍情報
ISBN978-4-320-05631-2
判型A5 
ページ数292ページ
発行年月2007年03月
本体価格3,800円
個体群生態学入門 書影
個体群生態学入門

 個体群生態学は,数理モデルがもっとも浸透している生物学の一分野である。この本では,代表的な個体群生態学のモデルについて,その導出方法を,誰にでもわかりやすく噛み砕いて説明した上で,そのようなモデルによってデータや現象を理解することの有効性を,さまざまな例を通して読者に語りかけている。原著の副題「First Principles;第一原理」という言葉には,著者から読者へ込められたメッセージが読み取れて,「もっとも根源的な要素からの現象のメカニズムの説明」とか「わかりやすさ」ということなのだろうと思う。いたるところに現れるグラフや図も,読者に対して,理解の助けとなったり,著者とイメージを共有することにも役立っている。読者の対象としては,大学学部で生態学を専攻している学生であるが,個体群生態学の数理モデルを理解したいと思うすべての人にとって,非常にわかりやすいガイドブックになっている。本書で使われている数学は,高校から大学初年級程度であるが,ふだん数学とは疎遠になっている読者にとっては,初歩的な線形代数の計算方法をまとめている章が役に立つだろう。指数成長モデルから始まって,密度効果の歴史的背景とそのもっとも単純なものとしてのロジスティックモデルをよりどころとして,生活史のモデルや年齢・生育段階構造の入った行列モデル,捕食者-被食者モデル,疫学モデル,種間競争モデルが,バランスよく配置されている。また,モデルのダイナミクスだけに焦点を置いて詳しく扱った章や,メタ個体群の部分は,類書にはあまり見られない特徴である。
[原著名:Population Ecology : First Principles]

目次

1 個体群動態の原理

2 生活史の解析

3 推移行列・齢構成モデル

4 体群動態に現れる「ダイナミクス」の詳説

5 空間パターンとメタ個体群

6 捕食者-被食者(消費者-資源)相互作用

7 疫学

8 競争と共生

9 この本で書かれていたこと

関連商品

生物数学入門―差分方程式・微分方程式の基礎からのアプローチ― 

  • ISBN:978-4-320-05715-9
  • 判型/ページ数:菊 / 456ページ
  • 発行年月:2011年10月
  • 本体価格:5,800円

 本書は生物学における様々な数理モデルの紹介とその解析手法を教授することを目的としている。必要な数学知識は微積分や線形代数,微分方程式の初歩的なものであるので,大学で理系の基礎的な数学を学んだ学生で,・・・

生物数学入門 書影
生物数学入門