アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

生態学事典

書籍情報
ISBN978-4-320-05602-2
判型A5 
ページ数708ページ
発行年月2003年06月
本体価格13,500円
生態学事典 書影
生態学事典

「生態学」は,多様な生物の生き方,関係のネットワークを理解するマクロ生命科学です。特に近年関連分野を取り込んで大きく変ぼうを遂げました。またその一方で,地球環境の変化や生物多様性の消失によって人類の生存基盤が危ぶまれるなか,「生態学」の重要性は急速に増してきています。そのようななか,本書は,創立50周年を迎える日本生態学会が総力を挙げて編纂したものです。生態学会の内外に,命ある自然界のダイナミックな姿をご覧いただきたいと考えています。
678項目からなる中項目主義の事典。五十音順に掲載。

目次

I 基礎生態学
1.生態学(全般)

2.進化生態学

3.繁殖生態学

4.行動生態学

5.生理生態学

6.個体群生態学

7.種間相互作用

8.群集生態学

9.生態系生態学

10.生産生態学

11.生物季節学

II バイオーム・生態系・植生
1.植生学

2.生物地理学

3.森林

4.草原

5.砂漠

6.耕作地・放牧地・草地

7.都市生態系

8.極地・高山

9.陸水

10.沿岸帯

11.海洋

12.湿原/沼沢地

13.土壌

14.極限環境

III 分類群・生活型
1.哺乳類

2.鳥類

3.爬虫類・両生類

4.魚類

5.社会性昆虫

6.非社会性昆虫

7.海洋の無脊椎動物

8.微生物生態学

9.維管束植物

10.プランクトン

11.寄生生活

IV 応用生態学
1.応用生態学

2.生物資源管理

3.保全

4.生態系修復/ミチゲーション

5.景観生態学

6.汚染

7.地球環境変化

8.生物多様性研究

9.疫学

10.古生態学

V 研究手法
1.数理的手法

2.分子生物学的方法

3.化学生態学

4.安定同位体

5.実験室生態系

6.リモートセンシング

7.テレメトリー

8.その他の方法

VI 関連他分野
1.進化遺伝学

2.進化生物学

3.地球科学

4.環境経済学

5.進化心理学

6.生態人類学

VII 人名・教育・国際プロジェクト
1.人名

2.環境教育・生態教育

3.国際プロジェクト