楽しい研究生活への指針―バイオ研究虎の巻― 

書籍情報
ISBN978-4-320-05519-3
判型A5 
ページ数128ページ
発行年月1999年05月
本体価格1,600円
楽しい研究生活への指針 書影
楽しい研究生活への指針

 これから大学院や研究所,企業などへ進路を求め,できれば一流の研究者になりたいと 燃えている若い学生へのユニークなガイドブックである。
 自然をどのように料理するか,研究テーマはどのようにして選ぶか,どのような指導者へついたらよいか等々,珠玉のエッセイが満載されている。企業の研究所,工場,パイロットプラント,大学の学部,大学研究所とさまざまな場所で,微生物を相手に40年の研究生活を送ってきた経験豊富な著者の提言は,単にバイオ分野の学生だけでなく,他分野の学生はもちろん,また指導者の立場の先生方にも参考になる話題が多い。気楽に読める本である。

目次

生命科学の方法論,研究組織,教育,独創性,国際的な交流,筆者の研究経緯, の分類項目の下,

「方法論の限界に挑戦する」
「研究も心・技・体」
「日本の学術研究はこれでいいのか」
「学会トンビになるな」
「独創的研究者のタイプ」
「どこに留学するか?」
「日本人の英語問題」

など118 のエッセイ。