アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

水素機能材料の解析―水素の社会利用に向けて― 

書籍情報
ISBN978-4-320-04453-1
判型A5 
ページ数168ページ
発売予定2017年12月26日
本体価格4,000円
水素機能材料の解析 書影
水素機能材料の解析

新刊

 材料中での水素の振る舞いや材料特性に対する水素の影響・効果など,水素機能材料の解析について,その最先端を俯瞰できる。

 本書では各種の計測・計算に基づく水素機能材料の解析技術について,以下の構成でまとめている。第1章「水素機能材料に求められる特性」では,水素機能材料を水素用構造材料・水素透過材料・水素貯蔵材料・燃料電池材料の4つに分類して,それぞれに求められる特性を述べる。第2章「水素機能材料の特性を引き出す解析」では,前章で4つに分類した材料ごとに,その基本的な特性を解析するための技術を解説する。第3章「多面的な水素の解析」では,水素機能材料のより高度な解析のための計測・計算技術について詳述する。
 水素機能材料の解析は現在急速に進展している重要な研究・技術分野であり,その最先端を本書で俯瞰していただける。

目次

第1章 水素機能材料に求められる特性
1.1 水素用構造材料 ― 水素に長期間耐える ―
1.2 水素透過材料 ― 水素が自由に通り抜ける ―
1.3 水素貯蔵材料 ― 水素がたくさん貯まる ―
1.4 燃料電池材料 ― 水素でクリーンに発電する ―
文  献

第2章 水素機能材料の特性を引き出す解析
2.1 水素用構造材料 ― 高圧水素と液体水素にどの程度耐えうるか ―
2.2 水素透過材料 ― 水素はどのように通り抜けるか ―
2.3 水素貯蔵材料 ― 水素はどのように貯まるか ―
2.4 燃料電池材料 ― 水素は発電中にどうなっているか ―
文  献

第3章 多面的な水素の解析 ― 水素機能材料のさらなる高度化を目指して ―
3.1 昇温脱離による解析 ― 水素の存在状態を調べる ―
3.2 電子顕微鏡による解析 ― 水素を直接見る ―
3.3 陽電子消滅による解析 ― ナノ欠陥と水素との関係を調べる ―
3.4 イオンビーム・電子ビームによる解析 ― 表面での水素の出入りを調べる ―
3.5 X線・中性子線による解析 ― 水素の配置と結合性を調べる ―
3.6 計算科学による解析 ― 水素の特性を理解・予測する ―
文  献

索  引