• ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

統計技法

書籍情報
シリーズ名工系数学講座 全20巻 【14】巻
ISBN978-4-320-01613-2
判型A5 
ページ数224ページ
発行年月1998年04月
本体価格3,400円
統計技法 書影
統計技法

分布論を準備し,推定・検定を論述した後,2元表にまとめられる量的・度数データの解析法,多元度数表の統計モデルとグラフ表示などを説明。

目次

1.分布表現と分布特性
1.1 変数の分布
1.2 分布特性
1.3 同時分布
1.4 条件付き分布

2.統計量の分布
2.1 線形結合の分布
2.2 正規分布から導かれる分布
2.3 指数分布から導かれる分布
2.4 順序統計量の分布

3.推定論
3.1 推定の評価基準
3.2 十分原理
3.3 最尤原理
3.4 最小2乗法

4.検定論
4.1 仮説検定の定式化
4.2 ネイマン・ピアソンの基本定理
4.3 尤度比検定
4.4 区間推定
4.5 正規線形仮説の対するt検定とF検定

5.2元表にまとめられる量的データ
5.1 2元配置データ
5.2 FANOVAモデルによる解析
5.3 プロフィールデータ
5.4 距離データ

6.2元表にまとめられる度数データ
6.1 2元分割表のモデル
6.2 尤度比検定とX2適合度検定
6.3 対応分析

7.多元表にまとめられる度数データ
7.1 3元分割表
7.2 多元分割表
7.3 併合可能性

8.データ採取とモデリング
8.1 無作為化の原則
8.2 偏ったサンプリングとそのモデル