若きアインシュタイン―相対論の出現― 

書籍情報
ISBN978-4-320-00861-8
判型A5 
ページ数358ページ
発行年月1988年10月
本体価格2,800円
若きアインシュタイン 書影
若きアインシュタイン

若きアインシュタインが生きた環境をたどり,相対性理論の生まれた背景,人格形成の過程を描く。

目次

第1章 アインシュタインの教育―数学と自然法則

第2章 無謀な事業―アインシュタイン商会と19世紀終りのミュンヘンにおける電気工業

第3章 独立独歩の人―アインシュタイン世界観の社会的起源

第4章 ヘルマン・ミンコフスキーとアインシュタインの特殊相対性理論

第5章 数学の支配下の物理学―1905年のゲッティゲン電子論ゼミナール

第6章 後期ヴィルヘルム期における相対論―数学と物理学との予定調和へのアピール

第7章 数学,教育,そして物理的実在へのゲッティゲン的アプローチ,1890~1914

第8章 相対論における物理的意味―マクス・プランクによる『物理学年報』の編集,1906年から1918年

第9章 初期アインシュタインの共同的科学研究